昨年3月の大津地裁決定は運転中の原発を司法判断で初めて停止させたが、高裁の決定により法的には運転が可能になった。

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた大津地裁の仮処分決定について、大阪高裁は28日、関電の保全抗告を認め、差し止めを取り消す決定をした。 山下郁夫裁判長は「安全性が欠如していることの説明があるとは言えない」と判断した。

最近原発の安全関連で活断層の判断って全く聞かなくなったよね・・・いつも思うけど不当判決の紙用意してるって、負けること想定してるの?
再稼働の判決は下りても、万が一事故になった時、司法が責任を取るわけでもないし。勝った負けたの話ではない。これって仮処分のときの原告は賠償責任生じるの?責任ある場合にはいくらぐらいの支払い命令があるの?この場合、普通支払えないと思うけど破産は認められるの?素朴な疑問だけど、かなり興味ある。
電気代安くなるのかなあ値上げするって話だったでしょ事故があったら国民が責任を負うということかここの原発で事故が起こったら、びわ湖の水が全く使えなくなるんやけど、それでもエエのんか?
現実を直視せず情緒的に判断する裁判官はいらない法律よりも情緒法が優先する国で活躍したら、、、だろうな。現代の人間の能力では、一度問題が発生したら最後コントロール不可能な技術であることを思い知ったはずなのにね。