売上高に占める百貨店事業の割合は9割を占める。

 百貨店大手の三越伊勢丹ホールディングス(HD)の大西洋社長(61)が31日付で退任する方針を固めたことが6日、明らかになった。後任の社長は週内にも決める。百貨店事業に頼ったことが裏目に出て業績が悪化しており、大西氏が責任を取って退く形だ。

デパートの不調は単純に品揃えの問題だと思うんだよなぁ。昔はデパートでしか買えない良いものがあったから良かったけど、今は品揃えがどこも一緒で、しかも無難なブランドや有名店しか入ってないから、それなら他の場所やネットで買えば良いやってなってしまう。初心に帰って、まだ他で手に入らない良いものをバイヤーが探して来て、そういうプレミア感に特化した方がいい。三越は最近そういう世界各国や国内のまだ有名ではない良いものを売り始めてるから、今のその路線で良いと思う。デパートはブランド品を扱う高級店だから流行ってたんじゃなくて、海外のブランド品や国内の良いものが気軽に買えない時代に、近所にないものを揃えたから売れたんだと思う。今の時代なら、まずネットで買えない良いものに特化しよう。社長のクビを変えて良くなるんなら、どこもとっくにしてますよ
本当にまだ黒字なら退任まではどうかな。ともかく富裕層を対象にしたビジネスならまだ芽はあると思うけど。超高級店舗の路線とか、美味しいもの路線とか、地元スーパーでは買えない物、家族でお出かけして楽しい高給スポット路線で、頑張ってほしいのだけど。三越の方が(成長の芽がない)地方店が多く、閉鎖優先も仕方ないはずだけど、不満を生んじゃったようだね。