■学生が最重視するのは「安定」

 平成30年卒の大学生らの就職活動が3月1日、始まった。政府を挙げて働き方改革が進み学生優位の売り手市場が続く中、学生の意識は「働きやすさ」を求める方向へと大きくシフトしているとされる。そんな中、新入社員だった高橋まつりさんの過労死事件が大きく報じられた電通を志望する学生は何を望むのか。

今後は転職が当たり前の時代になる。転職を前提に企業を選んでもよいと思う。合わなければ、やめればいい。それが過労自殺の抑止にもつながる。単にまだ感覚的に理解してないだけですよ。
どの会社も入って見ないとわからない合えば長く続くし…頑張っても続かないのは合わないだけ心身崩壊するまで 一つの会社に執着し続けなくてもイイコネがほとんどだろうからコネなし一般人は避けた方が安全だろう。過労死したら世間体が良くてもお終い。
学生さん現実を知らない人ごとのようだね 過労とパワハラがセットになるとどれだけ心が折れるかわからないだろうね まだ持ち帰って仕事しているかもよく確認した方がいい どれだけ過酷かわからないかな 安定したいなら公務員になればいい若い頃から自社だけでなく他社で通用する能力をつけられるように仕事をしておくのも大切。転職はしないに越したことはないけれど。
歳をとってからね、言うほど思う事が出来なくなってくるんだよ。今の時間を如何に使うか?それがテーマじゃないかな?少子化対策の鍵もそこに在ると思うよ。