警察は死亡した由香容疑者が力哉さんを殺害後に自殺したと断定し、書類送検しました。

去年10月、大阪市西淀川区で16歳の少年が胸などを刺され死亡した事件で、警察は自殺した母親を殺人の疑いで書類送検しました。日高由香容疑者(当時55)は去年10月、西淀川区のマンションで長男の力哉さん(当時16)の胸などを刃物で刺して殺害した疑いがもたれています。

“痛ましい”、この一言に尽きる!痛ましい。旦那さんは大切な人を二人も失ってしまって、気の毒。あいやーなんか寂しい。今現在、15歳の息子に散々悩まされうんざりする時があります。でも、こんな最後は嫌…
気づいてあげれる人がまわりには居なかったのかな。何だか悲しい事件だな。事情はわかりませんが、加害者のお母さんも、被害者の息子さんも、救いが無かったのでしょうかね…誰か相談する人はいなかったのかな?母親は通院歴、息子は思春期・・・色々思う所があったのだろうけどつらいな
16歳ならほっといても育つのに!父親はどうした相談できる人がいなかったのかな。「大阪は人情の街」って聞いたことがあるけど、今は違うのかな。そんな人生の閉じ方って寂しすぎるな。
産めばいいってものではない私は子供大好きだけど、自分の身体の事を考えると、育児出来ないから…たまに自分の子供の顔見れないと思うと、泣いてしまう時もあるけどね