手芸が趣味の市民は「買ってもらえれば励みになる。

 北海道深川市のNPO法人が昨年、市中央公民館で人形劇公演を行おうとして市教委に断られた。「営利目的」と判断されたからだ。市教委によると、ピアノやバレエなどの教室の発表会も「営利目的」の分類で、公民館の使用は禁止。

大丈夫か。チラシがないって……会場決まる前にチラシなんかあるわけないじゃん。誰のための施設なのかと。。。市民の税金で作ったのに。。。仕事したくないからなのか?
要は、地方公務員が仕事をしたくないという事です。何かの催しをすれば、仕事が増えますから「否」という事でしょ。誰が為の公民館?これだと特に平日は利用が少なそう確かに物販はどうかと思うが、コンサートとか教室位ならいいんじゃないのかと思うだったらもう公民館じゃないじゃん。
発表会ならチケットなんかいらないんじゃないかな?まあ仮に演奏会や演劇が行われたとして、公民館や公会堂を利用するのは市民にとっても楽しみの一つだと思う深川市に訊ねたい…この公民館は誰の為のもので、年間維持費はどこから捻出してるの?ガチガチに規制して膨大な赤字が出てるなら、それは市民の為ては無いよね?議会云々ではなく、館長あたりが個人的な基準で運用してるってだけでしょ。