このところ、ふるさと納税制度に対する批判が高まっています。

 このところ、ふるさと納税制度に対する批判が高まっています。都市部の自治体で税収が減ってしまったり、豪華な返礼品競争が過熱したりしており、一部自治体の首長は制度のあり方そのものについて疑問の声を上げています。

話はズレるけどふるさと納税でその地方の一部の連中がグレーなやり方でボロ儲けしてますよ。そっち調べた方が面白いよ。高額納税すればその分特典も豪華に。結局金持ちが得する制度。
そもそもみんなはただ強制徴収される住民税に不満があるから、ふるさと納税を利用しようと思うんじゃないの?是正するならそっからでは?無駄な事に使われる可能性もある見えない納税より、返礼にほとんどが使われても地域住人の活性化になるふるさと納税の方が良いと思いますけど。元々そういう理由で始めたものですしね。
地方自治体からの批判は甘んじて受け止める必要があると思うが、何の努力をしなくても私人や法人が勝手に集まる大都市圏の地方自治体には文句をいう資格はないと思う。地方活性化が本来の目的だったはず。大成功では?『税制上の優遇がある』ってのも、結局その原資は税金なんだがな。使えば使う程、自らは何かを得た気分かも知れないけど…その実、税金が底に投入されているという。