■ドミニカで感じた選手たちのハングリー精神

 昨季はリーグトップの44本塁打、110打点の2冠を獲得した8年目のDeNA筒香嘉智外野手(25)。チームではキャプテンを務め、WBCでは侍ジャパンの4番候補に挙がっている。オフにはドミニカ共和国で武者修行するなど、野球に対してどこまでも貪欲な主砲に話を聞いた。

自分が25歳の時にこんなにしっかりした考えを持っていただろうか…比べられる存在ではないけど、そんな筒香大好きだぜー!浮かれたところが全くない。これでまだ25歳か。
自分が応援するチームのキャプテンがこの方で本当に良かった!今年もホームランかっ飛ばせ筒香!結婚って・・・まだ25でしょ?家族ならともかくファンやマスコミが気を揉むことじゃないんだよなあ打率308 41本 109点 くらいかな
「あんな球団」といって主力が抜けていく暗黒時代に入団したわけだが、筒香はチームの体質や考え方を変えようとしているし変えてくれると思います。マジで期待してます。本当のプロフェッショナルだね。年下だけど尊敬できる。
ファン歴浅いDeファンですが、筒香選手がきっかけと言っても過言でないです。自分より年下なのに、常に向上心持って今はベイスターズの優勝しか考えてないって所が非常に頼もしい。今はベイスターズの優勝しか興味ない。素晴らしいキャプテン!今年は本気で優勝目指して応援します。