京浜急行電鉄は30日、三崎口発泉岳寺行き快特列車を運転していた男性運転士(29)が居眠り運転していたと発表した。

 京浜急行電鉄は30日、三崎口発泉岳寺行き快特列車を運転していた男性運転士(29)が居眠り運転していたと発表した。運行中に目立ったトラブルはなかった。 同社によると、この運転士は同日午後3時ごろ、横浜-京急蒲田間を走行中の約10分間、意識がもうろうとなり、体がふらついていたという。

車と違って電車の運転の仕事は単調だから眠気が起こりやすいらしいよ軽い眠気があった時に独り言とか鼻歌は少し効き目あるけどそれをやっても苦情がくるらしい
勤務実態を調査すべきと思います。彼個人の問題では済まないのではないでしょうか。何にせよ、事故に繋がらなくて良かった。その時間一番眠くなるよね…。つい最近俺も会社で…。運転の仕事をする人は、睡眠時無呼吸症候群でない事をキチンと確認した方が良い
最近の京急はおかしい。バスのように人手不足で休日出勤が続いているんじゃないか?一度外部の目を入れた方が良いと思う京急の快特って凄いスピード出す区間あるよね、、事故にならなくて良かった。。若い運転士さんに最近スポットが当たりますが、教育で眠気は解決できないだろうから、働き方を練って頂きたい。
いくら眠い時間帯だろうと寝てはダメだだけどおかしな労働時間働かせれてなければ良いけど電車は少々の居眠り運転では事故らない。