そのエンジンとは「対抗ピストンエンジン」である。

 米国では2025年までに乗用車と軽貨物車の企業平均燃費を1ガロン当たり54.5マイル(約23.2km/L)以上という基準を満たすことを求められている。いわゆる「CAFE 2025」という規制だ。 排気量の小さなクルマが多い日本の感覚ではそれほど問題ないように感じられもしれないが、CAFEというのはメーカーとしての平均値であり、米国のように4L、5Lエンジンが当たり前の国では、ハードルはかなり高い。

ピストンのタイミング取るのが難しそう対向ピストンエンジン自体は昔からあるよねよくわからないな。クランクシャフトが2本になると理解すべきなのか?この時点で、ムダだよね。キワものだね。。。
夢のエンジンでも夢で終わるだろピストンが燃焼室でもあるしピストンはピストンが…似たようなのは聞いたことがあるけど…違うのかな(・・;)?でもシャフト…タイミング等で実用は難しいのでは? 重くならないなら発電機には良いかもね。
文書を読んでもイメージが、全然判らないな〜本当に「対抗ピストン」?内容からして「対向ピストン」だと思うのだけど・・・英語ではどうなっているのでしょうね
これは昔の技術ですよね。潜水艦などディーゼル・エンジンで使用されているものです。時代は繰り返されるのですね。
別に、目新しいものではない。古くは、ナチスドイツの航空機用エンジンだし、最近までイギリスの戦車や戦場用トラックの主力エンジンに使われてた。レイランドとかロールスロイスとか。要は、改めて改良が始まったって事だろ。もちっと勉強してから書いて欲しいものだ。