沖縄市住吉の国道330号沿いに携帯の歴史を感じさせる看板がある。

 沖縄市住吉の国道330号沿いに携帯の歴史を感じさせる看板がある。大手携帯電話会社「ソフトバンク」の前身「J―PHONE(ジェイ・フォン)」と斜体で書かれた青色のパネル。携帯が普及し始めた頃を知る人からは「懐かしい」の声が上がる一方、高校生らは「何これ?」と首をかしげる。

┐(´Д`)┌ ハァ~ツマンネ沖縄に子会社置いてる企業って他にもあるよな懐かしい!沖縄にはセルラースタジアムって野球場があるけど、auでないのはなぜ?不思議が一杯だ
 「つながる、しかもいい音で」いいコピーだったね。 自分が初めて携帯を持ったときは、IDOだった。沖縄では、セルラーのローミグだったかな?J-PHONE時代からずっと乗り換えなしで十数年!懐かしい!電話帳にカタカナから漢字表記が出来た頃だよ!着信も自分で作れたりした時代!元々はデジタルツーカーでしたね。マイケル富岡
J-PHONEに戻ってくれないかなぁJ-SH04(初のカメラ付き携帯)が発売された当時の衝撃は忘れられない。懐かしい(笑)auも昔はIDOだったし東京デジタルフォンもあったしTUKAもあったし。
J-PHONE時代は、他社と違う料金体制を出したり、写メールとか、日本でカメラ付き携帯の走りを作ったのも、J-PHONEだったなぁ。長期割引や、無料持ち越し等も、普通にあって、良かったなぁ。