これはあまりにも有名なのでここで改めて説明する必要もないかもしれないし、そもそも鉄道だけの話でもない。

 普段東京に暮らしていると、時折出張や旅行で関西に行った際に何かと戸惑うことが多い。食文化や街中を飛び交う関西弁(当たり前だが)などもそうだが、意外と困ってしまうのが“鉄道の違い”ではないだろうか。東京も大阪も同じような大都市なので、東京で普段使っている感覚のまま鉄道を利用しようとすると、思わぬ“東西の違い”でドツボにハマる……なんてこともある。

この筆者は東京の電車事情もあまり知らないみたいですね。5)以外は東京とかでも注意がいるあとJRも東日本は〇番線、なのが西日本は〇番乗場、と表現したりも違うだろうか。
鉄道あるあるは書いてあるけどルールについては書いてあるように思えない これが東洋経済オンライン最近は乗換案内のアプリがあって本当に助かる。そこまで大袈裟に難解に考えるようなことでもないでしょ。東京もややこしいわ。
別になんの不思議もないんだけど、知らん人にとっては珍しいことなんかな?それに「新快速がややこしい」と感じることが意外。生まれも育ちも東京だけど、知らない土地に行けば分かりにくいもの。その土地のローカルルールがあるなら合わせれば良いだけでしょ。基準を作るからややこしくなる。
逆に関東人以外が関東に行った時の戸惑いの方が多いと思うのだが。。。関東人が、って書き出しがおかしいのでは?関東関西の問題じゃない気がします…