これまで三越伊勢丹は旧三越と旧伊勢丹で待遇格差があった。

 インバウンド(訪日外国人)による「爆買い」終了で、老舗百貨店の三越伊勢丹ホールディングス(HD)が苦境に立たされている。衣料品や宝飾品の販売も振るわず、三越千葉店(千葉市)、三越多摩センター店(東京都多摩市)の閉店に続き、地方4店の縮小を検討。

時代の変化という言葉で片づける訳ではないけど、そういうもんでしょ。欲しいと思う物があるなら買うけど、今の百貨店にはそれは無い。東の新宿伊勢丹、西の梅田阪急でも同じ。
結局は運営体質の問題かよもっと若年中年層を取り込めるようにサービス改善すべき爆買いがどうとかよりもさ、まず問題なのは、なにか欲しいものを探すとき、まずはアマゾンを訪れるようになったことだよね。
かつて西武流通Gを率いて一時代を作り上げた堤清二が確かこれからのデパートは物を売るだけではやっていけないという旨の発言をしていたな。そんな時代がついにやってきたわけだ。店内を清潔にしようが、商品に変更点はないので、あまり意味がないです。品質はいいんだろうけど洋服も高いしネットだと全く同じものが店より安く買えるよ
近所に近鉄あるけど、行っても食料品、外食系だけ。上の階には買いたいものがないし、なにより高い。百貨店行くならイオンやアウトレットへ行く。